'03/9/20 B'zに逢いに浜松へ。


ライヴなので旅行記というほどのものでもないんだけど、あまりにも家から遠いのでプチ旅行になってしまいました…(^^;
前日の夜中に車で出発して、浜松到着が朝の6時。オット、運転ご苦労様でした。しかしそれより何より心配なのが台風15号の進路。たぶんこのままじゃ直撃間違いなしであろう…。中止にさえならなけりゃ、豪雨だろうが、槍が降ろうが全然構わないのだけどね。それにしても15周年記念ライヴに台風15号とは…これも神様の粋なはからいなのでしょうか?


弁天島到着ー♪一見リゾート風に見えるこの場所、実はかなりさびれておりました。真夏だったら、もうちょっと賑わってるのかな?この大きなホテルの宿泊客も今夜はみんなB'zファンなのでしょうね。^^ さて、ライヴは夕方から。せっかくココまで来たんだから、もう少し足を延ばして名古屋まで行って、ハードロックカフェのTシャツGETしようよ♪…というオットの我侭を叶えるべく、車をここにおいて電車で名古屋へ移動。今この時点では雨も風もナシ。ちょっと雲が多いかな?ってくらい。


弁天島駅から名古屋駅までは、ちょうど1時間くらい。西日本で新幹線以外の電車に乗るのは初体験の私。きゃーきゃー☆なんて騒いでいたら、窓にポッツリと雫が…。うぁーそういえば傘ないけど、HRCって駅から近いのかなぁ…。台風が直撃すると分かっていながらナゼ傘も持ってこないのか?と問われれば、ライヴのことしか頭になかったからなんですね。(^^; 雨の心配をしていたら、電車は名古屋に到着。…と同時にバケツをひっくり返したような雨がドバーーーッと降り始めた。( ̄□ ̄||| 今までは嵐の前の静けさってヤツだったらしい。ヒュルルルルーと高く唸りながら風も容赦なく強くなってきたなぁ…と思ったらスグに暴風雨に豹変!! 。いよいよ台風15号のお出ましのようだ。名古屋駅で一瞬途方に暮れたが、考えてても仕方ないし、傘を買ったところで台風に勝ち目はないだろう、ということで。出した答えは…HRCまでの全力疾走。(爆) 「あっちの方」という心もとない情報だけを頼りに走って走って走りまくったその先にHRC無事発見!!野生のカンて素晴しいなぁ。(´▽`)ていうか、場所くらいちゃんと調べてけっつー話よね。


ライヴにそなえて食事を取り、ピンクキャデラックの写真だけでも撮っておこう!と裏口?(こっちが表だったのかな)へ回ってパチリ。ショップでTシャツとカットソーを買って、また走る。(もーイヤ)ライヴ前にこんなに走って大丈夫か?不安。(^^;


いよいよライヴへ!!
とは言っても、会場内カメラ持込禁止なので写真はコレだけ。弁天島に戻ってきてから、雨はどんどん強くなり、ライヴが始まるとまさに台風真っ只中!!でもそれがかえってファンにもB'zの2人にも火をつけたらしく、異常なまでの盛り上がり!!
化粧は流れ落ち、髪はびしょ濡れで身なりはものすごいモノだった。頭上をカメラが行き来してたので、こんな顔でDVDに映ってたらイヤン!!…と余計な心配をしてみたものの、後日発売になったDVDのどこに自分達がいるかなんて分かるはずも無く。10万人もいるんだから当たり前なんだけど。後ろの方のブロックだったにもかかわらず、途中でセンターステージに移った時は、まん前で稲葉クン肉眼キャーッチ☆きゃーーん、目が合ったー!!(←アホ)などと、とにもかくにも忘れられないライヴとなったのであります。


ライヴが終わり、興奮が冷めてくると心にポッカリ穴が空き、疲れがドッと押し寄せてきた。そりゃ〜、あの豪雨の中2時間半もハシャイで踊って、時には寒さに凍えたりしたのだから疲れもする。浜松から関東までは遠い…。とりあえず高速に乗り1つめのSAで身だしなみを整え、暖かいコーヒーを買って車の中で一休み…のつもりがいつのまにか爆睡。気付くとなんと翌朝6時!!十分すぎる休憩をとってあとは安全運転で家に帰るだけ。六本木ヒルズまでくればあと1時間くらい。おーつかれーぃ☆

CLOSE