【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】


*旅の日程
≫9月20日
  14:25 成田発 エジプト航空 直行便にてカイロへGO!(13時間40分)
≫9月20日
  時差-6時間 カイロ空港からギザのホテルまでバスに揺られ40分。
  エジプト時間の24:00 ギザのホテルにチェックイン。 (ギザ泊)
≫9月21日
  午前中にギザ(ピラミッドやスフィンクス)観光。 午後はメンフィス、サッカラ、ダハシュール観光。 (ギザ泊)
≫9月22日
  カイロ発の飛行機でアブシンベルへ。(大小神殿観光) 午後はアブシンベルから飛行機でアスワンへ移動。
  アスワン観光(アスワンハイダム、切りかけオベリスクなど) (アスワン泊)
≫9月23日
  アスワン発の飛行機でルクソールへ。東岸(ナイル川の右側)観光。(ルクソール神殿、カルナック神殿など)
  夕方から自由行動。 (ルクソール泊)
≫9月24日
  ルクソール西岸観光。(王家の谷、葬祭殿など) 夕方ルクソールから飛行機でカイロへ移動。 (カイロ泊)
≫9月25日
  カイロ市内観光。(モスク、考古学博物館、バザールなど) 午後から自由行動。 (カイロ泊)
≫9月26日
  出発まで自由行動。 18:45 カイロ発 エジプト航空 直行便にて成田へGO!(13時間)
≫9月27日
  日本時間の14:00頃? 無事に成田到着 おつかれーぃ!


*エジプト基礎うんちく
国名:エジプト・アラブ共和国  人口:約6398万人
面積:約100万1450Ku  首都:カイロ
気候:1年を通して最高気温が20℃以下になることはあまりなく、夏場の内陸部は50℃以上にもなる。冬場は朝晩の冷え込みがとても厳しい。
国土面積は日本の2.5倍以上。90%は砂漠地帯。人々はナイル川に沿って縦長に居住している。上には地中海、右隣にはイスラエル、ヨルダン、サウジアラビア。下にはスーダン、左隣にはリビアが隣接。ちなみにアブシンベルからスーダンまでは、わずか50Kmの距離。陸続きってそれだけでなんだかスゴイ…(^^;
古代よりナイルを中心に栄えてきたエジプト。国土のほとんどが砂漠だが、ナイル川のお陰で農作物には恵まれていた。そしてシナイ半島には鉱物が豊富。アジア、ヨーロッパ、アフリカの中間地点にあるエジプトは、交易にもってこいの場所。ナイルは道となり、砂漠は敵国の侵入を防ぐ…。これらの賜物が、高度な文明と素晴らしい建築物なんだろう、きっと。
参考までに世界最古のピラミッドが建った、紀元前2650年頃…日本は縄文時代くらいかと思われる。エジプトには既に文字が確立していたというのだから驚きなのだ。(^^;


ざっと流れを把握して頂いたところで、旅行記スタート!!ちょっと長いけど最後までお付き合いくださいな。^^

                TOP          NEXT≫