【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】
*9月26日*


最終日をムダに過ごすまい、と身体も自然に早起きだった。ギラギラ暑いエジプトの真っ青な空とも今日でお別れ…散々苦しめられた(?)容赦なく照りつける太陽も、今となっては名残惜しい。
午後2時にはホテルを出発して、夕方には機上の人となる私たち。そう考えるとあまり遠くには行けそうもない。今日は午前中からすごく天気がいいカイロ。霧の晴れた爽やかピラミッドを、もう1回見に行きたい気もしたが、この後20時間以上お風呂に入れないと思うと、はっきり言ってあんまり汗をかきたくなかった。(笑)さて…どこへ行こう?? 遺跡やスークも良かったけど、普通のスーパーやショッピングセンターとかってどうだろう??ちょっと見てみたいと思わない?
そんなワケで、カイロ市内でも数少ないスーパーマーケットを求めて、ベンツTAXIに飛び乗った。もちろんエアコンが効いててすこぶる快適♪でも料金はボロTAXIの2倍。と言っても日本より格安、ノー高ーい♪価格破壊ー!!!(笑)
この快適なTAXIに揺られて、ハンハリーリ・バザールやラムセス中央駅といった、中心街から結構離れた場所にある、ナセルシティという住宅街を目指す。さすがにこの辺りまで来ると、遺跡や砂漠のイメージはなく、エジプトも普通の都市なんだなぁと思わされる。エジプト全部で見たら、こーゆー場所の方がごくわずかなんだろうけど。
カイロでイチバン大きいであろうショッピングセンター「ギニーナモール」の前で、とりあえずTAXIを降りた。


で、到着…したのはいいケド、シーンと静まり返ってるのはナゼ?とっても巨大なショッピングセンターなのに人影もないない。入り口付近に警備員のようなオジさんが居たので尋ねてみることに。するとオープンは12時からだという答えが返ってきた(マジすか??)時計を見るとまだ10時前。14時半には空港に向けて出発しなくてはならないのに、12時までOPENをボケっと待ってられるほど暇じゃないのよね、私たち。しかし記念撮影だけはしておく。(笑)
仕方ないので、この近くにあるハズの24H営業のスーパーを探すことにするが、細かい市街地図を持っていないので、スグ見つかるか非常に不安だった。地図がない以上、私の野生のカンだけが頼り。(笑)なんとなく歩き出し、ギニーナモールの角を曲がる。するとそこにスーパーがあったからスゴイ。
ここは24H営業だから、当然開いている。いざ突入ー!! …エジプトといえど入ってみれば普通のスーパーだった。(^^;
でもよく見るとやっぱり安いーー(>▽<)b 日本なら400円くらいするであろうスパイスの小瓶詰めなんて、みーんな100円以下だった♪野菜やフルーツ、お菓子もみんなみーんな安いわー♪♪(バザールやスークよりは全然高いけど。)外国のスーパーって意外と楽しいのだ。さぁ、気合を入れて物色開始!!!こんな最終日に何を買うかといいますと、日本人の悲しい性(というより仕方なく)会社や知人への義理土産いろいろ。(笑) 箱詰めされたみんなでつつけるお菓子が100円弱よ!?これを買わずして一体何を買うのだ!?


スーパーには物珍しいモノがわりとたくさんあったので、思ったより長居した。気付けばギニーナモールのOPENタイム。こちらはスーパーより格段にお高いので(きっと利用客は裕福な家庭であろう)見学ONLYと決め込んだ。
スークや遺跡では、全く出会うことのなかった、学生やギャルの姿もチラホラ。エジプトの違った方面をこの目で見ることができた。^^ そしてもうひとつ興味があったのがマクドナルド☆アラビア語のメニューやイスラム圏ならではのメニューに興味津々。日本にはない、エジプトっぽいメニューはないかと見てみると…あった!あった!!その名もマックアラビア。エイシにペッタンこのチキンと申し訳程度の野菜が挟んであるこの商品。正直あまり美味しくなかったり。3人で1つ、お試し注文にしておいて正解だった。(^^; ちなみにエジプトで、マクドナルドはなかなかの高級料理である。一般のエジプシャンが、スークで1食10円〜30円で済むのに対して、マックは1セット300円〜400円とかなり高値なのですから。
オモチャ屋さんにはアメリカ製のものが多い。3階にはゲーセンも発見♪公衆電話はアラビア数字の表記が可愛かった。
灼熱の国なのに、1階にはスケートリンクまであったのでビックリ!!! 誰も滑ってなかったけど…。


さてそろそろタイムリミット。どんなに長くて楽しい旅にも必ず終りがやって来るのだ。ギニーナモールを隅から隅まで見て周りホテルに戻って、買い込んだ荷物を詰めなきゃならない。旅行の度に経験する、イチバン悲しい時間の始まりだった。
店の外に出て、流しのTAXIを拾う。行きのベンツTAXIとはまるで正反対のTAXIだ。30年くらい乗ってる?と思われる車体はボロボロ。乗ってみるとドアには取っ手がなく、シートは裂けて中からスポンジが飛び出てる。もちろんエアコン、ステレオあるわけない。(笑) このTAXIの魅力…それは料金の安さ♪♪ベンツTAXIで50ポンドの距離を、20ポンド(約340円)で運んでくれる。街の中心部から40分弱の距離でこの値段だから、ほんっとに物価が安い。それから魅力は安さだけではなく、もう1つ。乗ったときにハンドルが無かったり、日本ではどう考えてもゴミだろ!この車!!と思える面白さ♪
これを目の当たりにすると笑うしかナイのよ、ホントに。実際3人とも乗ってる間、笑いっぱなし☆日常へ戻らなきゃいけない辛さ(?)を、このボロボロのTAXIが少しの間、忘れさせてくれたのであった。^^


最後に滞在中ずーっとお世話になった現地ガイドのidoさんと写真を撮ったり、メッセージカードを渡したりして、別れを惜しみあった。非常食に持ってきたレトルト粥やおせんべいは、idoさんのお子さんに食べてもらうことにする。こーゆーのって意外と喜ばれるらしい。特にエジプトでは、みんな日本製品に興味津々だし。こちらも荷物が軽くなるので一石二鳥だ。idoさんに見送られながらバスはホテルを後にした。あとはもう帰るだけ。それだけなんだけど、これがまた格段に長い。そんな中、私の下痢はまだまだ続行中だったりするし。(^^; そして最悪なコトに、こんなギリギリになってオットまで急降下してしまったからさぁ、大変↓↓( ̄□ ̄|||空港に着くやいなやトイレにダッシュ!!しかもなかなか出てこない!焦る私と友人、横にはバクシーシをせびってくるトイレおばさん。(トイレ前に立ってるだけで金取るんかいっっ!!:怒)飛行機の搭乗アナウンスが何度も繰り返され、ついに最終案内が始まった。それでもオットはトイレから出てこないし、添乗員さんは私たちを探してパニックになっていた…。ホントもぉ、離陸寸前に飛行機に転がり込んだって感じだったけど、なんとか置いてかれることなく私たち3人を乗せた飛行機は、カイロ国際空港を無事に飛び立っていったのだ…。(笑)
帰りは40分短縮されて13時間のフライト。機内食のお味は行きの便よりイマイチだった。(^^; エジプトの入出国カードはホントに粋だ♪帰りのイラストはスフィンクス。日本行きの飛行機に乗った途端に、さっきまでのエジプトでの出来事が一気に過去になり始める。もうすでに遠い昔のことみたいに思えた…そんなことを考えながらスグ眠りについてしまった。


長い旅行記に最後までお付き合い下さり、ありがとうございました^^
現地でメモってた、面白エピソードやオマケのお土産ページやホテルページもあるので、そちらも合わせて
お楽しみくださいませ♪ そして、よろしければ感想など聞かせて頂けると泣いて喜びますデス。

 ≪BACK          TOP          NEXT≫