'05/5/7 24時間耐久 山形&宮城を巡る車旅。


旅友のヒーちゃんと秋に日光へ行ってから、かれこれ半年以上が経過した。折りしも季節は新緑!!そろそろプチ旅心が疼きだす頃…。GWは飛び石だし、他にもいろいろ忙しかった。そんじゃー連休明けは!?ってコトで、明けて最初の土曜日に行っちゃおうじゃないか!東北へ!!…いつもながら安易にプチ旅が決定するけど、今回のスケジュールはちょっと無謀だったかもしれない…。 まさか24時間耐久になるとは思ってもいなかったんだけど。(^-^;
決して若くはない身体に鞭を打ち(爆)、全走行距離730kmの、一般道のみマイカーの旅は幕を開けたのだった。


ヒーちゃん、我が家に午前5時到着。「雨だねぇ…週間天気予報、今日だけ傘マークだったしねぇ…」などと多少愚痴り気味に出発。連休も終盤だからか、それとも天気のせいか、国道4号線はガラガラに空きまくっているので、遠慮なくスピードをあげる。2時間も走れば福島入り。2時間半で白川まで来てしまった。これってちょっとスピード違反??( ̄▽ ̄;
福島市を越えた所で国道13号線を左に入り、山形は米沢を目指す。この頃には雨も止んで、天も我らの味方っぽくなってきた♪でもまだ曇り空だけど。途中にダムがあったので休憩がてら寄り道。人の気配がなく、ガードレールがボコボコに凹んでるような寂しい場所で記念撮影してみた。寂れてるけど空気は割と清々しかった。^^ この辺でタイミング良くでお腹が空いてきたので、米沢駅の1コ前の「せきね」という駅を目指してまた車を走らせた。今回の旅の目的はズバリ「食」!!米沢ラーメンと牛タンを食べるのが私達の使命なのである。(笑) 時計の針が11時を指そうとする頃、目当てのラーメン屋さんに到着。もぉ〜お腹もかなり激しく鳴いている。
←ココ、さつき食堂さんはTV番組の「全国ラーメンランキング」トップ10入りを果たしたお店だそうで。^^ しかしその割にとっても空いていた。たぶん開店直後でタイミングも良かったんだな。近所のおじさんが2人で熱燗呑んでた(真昼間ですケド?)だけで他にお客さんナシ。並ぶのを覚悟してただけにスグ食べられるというのは嬉しい限り♪さて肝心のお味は???


これがトップ10入りのラーメン。早く食べたいあまりに、写真がブレてるしぃぃー(T▽T) 左がネギラーメン、右がチャーシューメン♪結論から言うと、すんごい旨かったよぉぉーーo(≧▽≦)o オススメのねぎラーメンは、あっさりしてるのにコクがあって、ネギがたくさん入ってるけど、ネギ自体がとても新鮮だから臭くないし、素朴なスープや麺の味を邪魔しない。コシのある縮れ麺もスープによく絡んで絶品なのよぉぅ!!これはスープまで飲み干せる旨さだ、うん!!(>▽<)b


お腹も膨れて満足した所で、軽くお散歩でもしてみましょー。 米沢から少し北上したところにあるワインの町、高畠へ。マイカーなのでワインはまたの機会ということにして、今回は昭和にタイムスリップしながら花の散歩道を練り歩くことにする。
一見、のどかな普通の商店街なんだけど、よぉーく見るとそれぞれのお店に縁のある昭和グッズが並んでたりする。電気屋さんのショーウィンドウには昭和の家電が、タバコ屋さんの一角には昔のタバコのパッケージコレクションが、映画館の看板はレコード店だか楽器店に掲げられていた。他にも染物店、豆腐店、ケーキ店、レコード店、スポーツ店、コーヒーショップなどなど、見つけながら歩くのがなかなか楽しい通りです。お店じゃない所は出入り自由、あとはお店の人に声をかけながら見学します。尋ねていくとお店の人も喜んで説明とかしてくれるから、それがまた嬉しかったり楽しかったり。^^


のんびり高畠を散歩した後は、いよいよ蔵王超え。開通したばかりのエコーラインの雪壁やプチグランドキャニオンのような独特な地形、火山口に水が溜まって出来た御釜などなどいろいろ見ながら通過して、宮城県側に抜ける予定だったんだけど…。なんなんだよ、この天気は…。(涙)
御釜どころか5m先の視界が閉ざされてるし。
オマケに真っ直ぐ立ってるのもままならないほどの強風が吹き荒れ、御釜付近の(というか、蔵王山の)天気は超サイアク…(トホホ)これじゃ何も見れないので全部スルー。そして山を降り始めると何やら青空が…もったいないからひきかえしてみよっか?と来た道を振り返ってみると見事に山だけがスッポリ雲に包まれていた。これじゃあ、戻っても無意味だ、たぶん。


御釜に後ろ髪をひかれつつも、不動滝を遠くに眺めながら遠刈田温泉に到着。ココの共同温泉浴場(¥250)で運転疲れを癒して、その後ティータイム♪とっても小さな温泉街だけど、人が優しくてあったかい素朴な町でした。一息入れたお店の前で、ナゼかカンツォーネなど熱唱中で、温泉とカンツォーネのミスマッチが面白かった♪ちなみにフレッシュジュースがとっても美味しいお店だったんだけど、名前忘れちゃった。(^^; のど渇いてたので写真も撮り忘れたし…。


遠刈田温泉から、車を走らせること1時間。最終目的地の仙台に到着。モチロンお目当ては名物の牛タン!! いろーんな牛タン屋さんが、ココ仙台に軒を連ねている中で、選んだお店は有名処の利休さん。(他もみんな有名だけど)仙台市内だけで12店舗もあって、ドコに行こうか迷ったんだけど、駅ビルの中が一番分かりやすかったし、名物土産街もあるので駅ビル内の店舗へ行くことに。ついに憧れの利休の牛タンとご対面だぁぁぁーーーo(≧▽≦)o


駅ビル内の利休はとても狭い。他の牛タン屋さんは利休よりも全然広いのに、お客さんが少なめ。しかし利休の店内はすし詰め状態。私たちが行った時に、ちょうど1席空いて、絶妙なタイミングで待ち時間ナシ♪らっきぃ〜(*^-^*)v
メニューがとっても豊富で、プロバンス風とか(トマトソースを使うらしい)タンシチューとか、いろいろあるけど、ここはやはりオーソドックスな牛タン定食を注文。麦飯とトロロ、テールスープに牛タン焼きが付いて¥1300だったかな??男性向けに定食1.5人前というのもアリ。しかし周りの男性陣は、この1.5人前の定食と、更に単品で牛タン焼きを注文する人がほとんど。美味しいから私もそのくらいイケそうだけど。(爆)仙台は牛タンを食べる為だけに来たと言っても過言ではないので、滞在時間はわずか1時間。(^^; あとはお家に帰るだけ。(実はこれが1番大変) 仙台駅を後にしたのが午後10時。途中コンビニ寄ったり、眠気と戦いながら国道4号線を南下、南下、南下…ただひたすら南下…。そうしてようやく我が家に到着したのは午前3時でした…ふぃーε=ヾ(´ε`;)ゝ お風呂入って寝たのが4時ちょっと前なので、まさしく24Hピッタリ起きていた私とヒーちゃんの東北旨いもんツアー。いや〜疲れたけど旨かった♪

最後まで読んでくれてありがとう♪  CLOSE