2月12日
旅の間は早起きも苦にならない♪今朝は白浜海岸で日の出を拝むべく5時に起きてササッと支度開始!!戻ってくるのも面倒なのでホテルは早々とチェックアウト。前もって調べておいた日の出時間は6時35分、少し早めに行って白々と空が明けてくるのを待つのがイイのよねぇ。^^
車で出かける時は、三脚をとりあえずは積んで来るのに今回はすーっかり忘れてしまった。(^^; 辺りを見回してカメラを乗せられそうなモノを探す。(笑)そうこうしながら日の出を待ってみたのだけれど水平線付近は厚い雲に覆われていて一向に顔を見せる気配ナシ…(^^;
しばらく待ってみたけどムリっぽいので朝食を食べる為に来た道を戻った。昨日スルーした道の駅「開国下田みなと」の前にファミレスがあったのを思い出したのでそこで朝ごはん。私はパンケーキ、オットは定食を注文。定食についてきた温泉卵は私が頂く♪…食べてるうちに背中がポカポカしてきたのに気付く。厚い雲の上に太陽がようやく顔を出し、私の背中を暖めていた。
食べ終わってから少し散歩。ペリーの黒船を模した遊覧船がゆらゆら浮かんでいる。公園には誰もいなくて、小さな足湯処からもくもくと湯気が立ち上っていた。雲の上に出てきた太陽光は今日も快晴☆を予言してる。さて、そろそろ次の場所へ向かいますか!!(・∀・)b

下田公園の駐車場(ペリー艦隊来航記念碑のスグそば)に車を停めて、この町で1番歩いてみたかったペリーロードへ。時間が合えば雑貨屋さんやカフェを覘きたかったケド、残念ながらお店が開くまで3時間ほどあるので誰もいない静かな佇まいを堪能して歩くことに。

人がいなくてもお店が閉まっていても、レトロな雰囲気のペリーロードは探検するのが楽しかった。「なまこ壁」と呼ばれる漆喰の網目模様、路地裏の階段を上がっていくとお寺に出たり、昔からありそうなスナックの看板が可愛かったり♪海の方へ行けば棚に干物がズラ〜っと並べられていて、ニャンコに狙われないんだろか?と心配してみたり、クルーズ船や漁船の名前に個性を感じたり。^^ ココを離れるのはちょっと惜しい気もしたけど、そうも言ってられないのでそろそろ次の目的地へ。伊豆ぐるり旅の後半は断崖絶壁が続く西側をひた走る。最初に目指すのは伊豆半島最南端で絶景の石廊崎。
さて。最初に言っておきますが石廊崎から見る景色はホントにホントに絶景です!!太平洋に突き出た断崖の上から見る景色ですもの絶景じゃないわけがないのです。問題なのはそこへ辿り着くまでの道のりで、結構な距離を歩かなくてはならない…しかも登り…ヾ( ̄∀ ̄;ひぃ。
2月だというのに大汗かきかき。やっとの思いで到達した時に海からどぁーーっと吹いてくる強風(笑)は私にとってまるでご褒美のようでした。
(他の人は寒い寒い言ってましたが何か?) 断崖には絶景だけでなく、どうやって建てられたのか不思議でしょーがない神社もあります。
(だってタダでさえ建築には不向きな場所なのに、断崖の岩に神社の屋根とか埋まってるんだよ?不思議だよね?)縁結びの神様でした♪


石廊崎の絶景と突風をじっくりと体感して長い道のりを戻って車へ。歩いたし、イイ汗かいたし、そろそろお腹が空いてきた。「もうお昼なんじゃない?」と時計を確認すると11時半を回ったところで、ほぼ正確な体内時計に感心しつつお店の少ないR136に不安を感じる。(笑)
東伊豆と違って、こちら側は本当に民家や店がほとんどない。フイに小さなレストランの看板を見つけたのでそこに入ってみることにした。ちょこっと高台にあるその店は12時OPENなのでまだ開店していなかった…でもこの先どこでゴハンにありつけるか分からなかったので、店先の大きな石の上で日向ぼっこをしながら開店を待つこと15分、マスターが外へ出てきて「お待たせしましたー♪」と中へ招き入れてくれた。
しばらく和食が続いたので今日のランチはパスタ♪渡り蟹のパスタと沖漬け石廊イカのパスタを注文。どちらも文句なしで美味〜!!伊豆ってやっぱりイカが美味しいなぁ☆食べてる時ってホント幸せですよ〜♪^^

お腹が満たされたら次は温泉〜♪という訳でやって来たのは堂ヶ島にある沢田公園露天風呂。断崖の上に小さなお風呂があって眼下にはスグ海が。! 3〜4人入ったらいっぱいの小さなお風呂だけど、運良く独り占め♪夕陽の時間に入るときっとステキなんだろ〜なぁ〜。^^ この日の海は結構荒れ気味で、遠くに見えた遊覧船が木の葉のごとく波に揉まれていた… 超望遠とかで
見れば、船から女湯って実は丸見えなのかな〜?なんて素朴な疑問が浮かんだり。(^^; 湯船で立たなきゃ大丈夫だろうけど。(笑)
ココ堂ヶ島で温泉の他に体験してみたかったのが堂ヶ島マリンの洞窟めぐり遊覧船だったのだけど、ちょっと前に洞窟内で落石があり、専門家の調査が終わるまで当分の間、洞窟内の遊覧はナシということでダメだったのがちょっと心残りでした。さて、身体が暖まったところでドライブ続行。駿河湾に面したR136をずんずん北上して次に向かうは有名処の恋人岬。

西伊豆は地形の関係上、断崖絶壁の景勝地が多く、そのほとんどが駐車場から延々と歩かなければならないという事実に驚愕しながらも恋人岬は名前からしてロマンチック極まりない場所っぽいし大丈夫でしょう♪なんて勝手に思い込んでいたのだけれど、その考えはスグに間
違いだと分かる。ココもまた心臓破りの坂が続く続く…この長い道のりを手をつないで一言も喋らずに鐘のトコまで到達すると云々…なんてジンクスがあるようだけど、それにチャレンジしようと思ってるそこのアナタ達、夏場だけは絶対にやめておいたほうが無難だと思うな。ケンカの原因になるような気がするよ…( ̄д ̄; 一応辿り着いた先で富士山を望むことが出来るけど、私的には石廊崎の方が断然イイ景色だと思う。ちなみにグァムにある恋人岬とは1989年に姉妹岬になったそう。その記念にココには金の鐘を設置、グァムには銀の鐘を寄贈したのだとか。グァムの方には「恋人」にまつわる伝説があるようだけど(有料施設だしな)ココにはそういう類のものはナイらしい。
伊豆半島をドライブしていて感じたこと…割と公衆トイレが多い。しかもドコもだいたいがキレイ
(これかなり重要☆)だということ。つまんないことのように思えて実はかなり有難いことである。
戸田にある出逢い岬は国道沿いにあるパーキングスペース(延々と歩かなくて済む:笑)で、ここのトイレもキレイだった。^^ 右写真のようなモニュメントが建っていて、輪の中に富士山が入るよう撮影してみたけど空気が霞んでて、しかも遠くて富士山判別しづらい。ちょとイマイチ(^^;
伊豆半島ぐるり旅もそろそろ終盤。ここからは海を離れて内陸部の修善寺へ向かってみることにする。修善寺では特に目的とかないけれど、夕方になってしまうしテキトーに街歩きを楽しめればいいかな、という感じ。それではしばし山道をドライブ〜♪
暗くなる少し前に修善寺に到着。あまり大きくない街を少し散策してみると、川の真ん中に足湯処発見!!しかも無料!!…とくれば入らずにはいられませんよ。(笑)ちょうどショートパンツだったし、ひょいひょいと靴下を脱いで難なく入湯〜♪わりと熱めのお湯で、人も2〜3人しかいなくてベストな感じ。^^ 向かい側にいたご夫婦に「写真撮って下さい♪」と頼まれ、初めて自分のと違うメーカーのデジイチをまじまじと構えたのですが…これがまた重くてビックリΣ( ̄□ ̄;よくKissシリーズは軽い、と言われるけど本当に軽いんだなぁ〜とこんな所で実感してみたり。
頼まれ写真で一眼レフとか渡されると、ちゃんと撮れるかどうかすごいキンチョーしちゃう…ブレてたりしなきゃいいケド。(^^; 十分あったまったところで足湯からあがり、近くの八百屋みたいな売店でキズみかん(安い♪)を多めに購入してお土産にすることにした。この時点ですっかり陽は落ち辺りは薄暗くなっていた。そろそろ帰らないと明日は仕事だからねぇ…でもその前に沼津に寄って美味しいもの食べてこ〜☆

というワケで美味しいものがコチラ♪沼津港にある「沼津魚市場」。その周辺には食堂がたーくさん軒を連ねていて、どこでも獲れたて新鮮魚貝を美味しく調理して食べさせて頂けるのですが、どの店に入るか迷った時はやっぱり賑わいと行列が目安かなぁ…で、外にも人が溢れていた丸天さんをチョイス。注文したお料理は、生しらす、アジのたたき定食、マグロのテールシチューの3品。特にテールシチューはものすごい巨大でとてもとても一人では食べきれないサイズ(@◇@;故に美味しいんだけどちょっと飽きてくる…何人かで分けて食べるといいかも。^^

全てを平らげ19時半に丸天さんを出る。あとは高速に乗ってひた走り、23時に無事帰宅☆楽しい美味しい伊豆ぐるり旅、ココに完結〜☆

≪PREV  最後まで読んでくれてありがとう♪  CLOSE