GW後半に予定していた東北1泊2日の旅が体調不良でダメになった。…が、リベンジの機会は意外と早くすんなりやって来て、6月1日金曜日の夜には宮城県の海に向けて車を走らせておりました♪翌朝9時の船に間に合えば良いので何も夜中に出て行くことはナイのだけれど深夜に起きるのって割りとツライので(笑)行くだけ行って余った時間で仮眠を取ろう、という魂胆♪

6月2日
夜中のうちは国道4号を黙々と北上していたけれど、運転に飽きてきたオットが可愛そうだったので白川ICから高速に乗り目的地の石巻港に着いたのは夜もまだ明けきらない5時少し前。コンビニで朝食と昼食(これから行く田代島には飲食店がナイ)を買ってから時間までもう一眠りすることに。ちょっと心配だった天気は太陽の上昇とともに雲が消え、午前6時になる頃には車内温度が急上昇…雨の心配一切ナシ。

【網地島ライン】 詳しくはコチラ
田代島・網地島の島民の足となる定期旅客船を運行する会社。
利用するのは島民か、釣り人か、猫好きさんがほとんどと思われる。
1日に3本程度と、本数が少ないので運行スケジュールには注意が必要。
【田代島】 詳しくはコチラ
2つの集落から成る、人口100人程度の小さな小さな島。以前「ポチたま」というペット番組の「猫のいる街」というコーナーで取り上げられた。猫神様を祀る猫に優しい島♪人口よりも猫の数が多いのだとか♪(島民談)

陽が差して車内が暑くなりすっかり目が覚めてしまった私はサンドウィッチを食べながら周辺をウロウロ。しかし乗船場以外にはコレと言って何もない場所なので暇を持て余すばかり。待合室もせいぜい8時にならないと人の出入りがない。オットはあんなに暑い車の中でいまだ爆睡中だ(ある意味スゴイ)。後で分かった事だけど周辺の無料駐車場はなんだかんだと満車になってしまったので早く来た方が無難は無難。
目的地の田代島(猫が多い仁斗田集落側)までは約40分程の船旅になる。高速船なのでそんなにふわふわ揺れないけど、酔い易い人は何か対策をして行った方がいいかも…。前の方の席について乗船券を購入。大人片道1200円と、ちょっとお高いけどまぁ仕方ないか。^^;

ウトウトしていたらアッという間に田代島の仁斗田港に到着。周囲11.5kmしかない小さな島なので、じっくり歩いて帰りはもう1つの集落の大泊から船に乗ることにした。仁斗田の方が大きい集落で、ネコさん達もこちらの方が沢山いるとの情報を事前に得ていたので散策のメインは仁斗田で決まり。港では水揚げされた沢山のウニを島の人がお喋りしながら選別していて、たま〜につまみ食いなんかしたりと和やかな光景が広がっている♪いつもならそんな傍らにネコさん達の姿があるらしいけれど今日は1匹も見当たらない。きっと1日のリズムがあって、この時間違う場所に集まっているのかもしれない。港を後にして集落の中へ足を踏み入れてみることにする…。

港を出て少し行った所で第一島猫発見☆(ダーツの旅風に)やっと会えたねぇ〜〜♪と喜び勇んで走り寄ってはいけません。この島のネコさん達はみんな割りとクールな性格の持ち主で、人間を見てゴロゴロすりすり寄ってくるなんてことはナイのです。見慣れない人間を発見するとまずは遠巻きに観察して、危害を加えないか?お土産(エサ)を持っているか?などを判断する(ように見える)。そしてお土産を渡したからと言って撫でさせてくれるほど甘くはないのがクールな島猫さん達なわけで。(^^; お土産貰ったから一緒に歩いて写真くらいは撮らせてあげるよ、しょーがないなぁ。といった感じがまたステキ。^^

ネコさん達を伴って島を散歩すること半日。沖縄でも同じことを思ったけど、島散歩ってすごく楽しい!!古い家の角を曲がるたびに次はどんな景色かワクワクするし、時間はのんびりだし、人も明るくて優しい。たまたまTVを観て知ることの出来た田代島だけど、こういう小さな島って
日本各地にたくさんあるんだろ〜な〜…制覇してみたい☆なんて思ったり。(笑) そろそろ仁斗田集落を離れて大泊集落へ向かうコトにする。その山道の途中に猫神様が奉られているので、お腹も空いてきたし猫神様前のベンチでご飯休憩。さすがに山の上まで来ると猫さんの姿はない。猫神様に挨拶をしてお腹を満たした。

けっこうな山道を歩いて大泊集落に到着。一息ついてから集落散策を開始したのだけれど、仁斗田に比べてかなり小さくアッという間に一回り出来てしまった。(^^;
しかもこちらではネコさん達の姿が1匹も見当たらない。ついでに言うなら人の姿も港で作業してるほんの数人を除いて全然見当たらない。そういうタイミングの時間帯だったのかなぁ…ちょっと残念。帰りの船が来るまでまだ時間があったので、高台の神社に登ってみたり、ケータイで音楽流しながら(途中で電池切れたけど)波打ち際でシーグラスを集めたり、岩の上でボケラ〜っとしてみたり、まったり時間を楽しみながら船を待った。

本土に戻って来たけれど、まだちょっと仙台に向かうのは早いかな?というコトで、どっかでお茶でも…とお店を探して歩いたのがマンガロード。石巻駅から石ノ森漫画館まで続く約1kmの道程。漫画家の石ノ森章太郎(仮面ライダーの作者ですな)さんと石巻市は何やら縁があるようです。マンガロードには石ノ森キャラクターが点々と立っていてロボコンを見つけた時に「幼稚園時代にロボコンふりかけが自宅にあった」という事実を思い出した私…懐かしい〜♪(若者には分かるまい:汗) 途中、小さなコーヒーショップを見つけたのでそこで一休み。
【石巻マンガ関連タウン情報】詳しくはコチラ

美味しいコーヒーとケーキで満たされた後はのんびり仙台へ移動。(と言っても駅周辺ではなくちょっと郊外)予約しておいたビジネスホテルにチェックインして、歩いて行ける距離にある伊達の牛タンで夕ご飯。ちなみに仙台で牛タンといえば、私は利久派なのだけど、ホテルから近
いというコトと、食べたコトないのとで今回は伊達をチョイスしてみた…が、狙っていた極厚芯タンが品切れで食べれず(数量限定らしい)ガッカリだよぅ。(ノд`)無いものは仕方ないので普通のタン焼きを頼んでみたけど利久の方が全然好きな味…。他にハーフサイズで頼んだ牛タンシチューは看板メニュー?だけあって割と美味、テールスープもサッパリしていてまぁまぁ。だけどやっぱりメインの牛タン焼きは利久に1票だなぁ。(あくまでも個人的意見ですが)オットも同じコトを考えていたようで、せめて数量限定の極厚芯タンを食べたかったよね〜という意見に落ち着いた。重すぎてさすがにハシゴ出来ないのが残念だ…車で5分も走れば利久の店舗もあったのよね〜。w

【泊まったビジネスホテル】詳しくはコチラ
仙台のお宿は駅から車で15分〜20分の「ホテルシーラックパル仙台」。ツインだとベッド1台はセルフメイキングになるけど、折りたたみの割りにちゃんとしたベッドだし、バスルームも広くてキレイ。DVDの無料貸し出しもあるし、部屋には無線LAN完備。ロビーには自由に使えるノートPCが設置されているし洗濯機もあったような。朝食は飲み物と焼きたてパンが無料。駐車場も無料でなかなかGoodホテルでした♪

あと1ページ、後編があるよ♪ NEXT≫