HOME / 1 / 2 / 3 / 4 / 5

3月22日(日)
6時半起床、8時出発。今日はマカオ半島を離れ、隣のタイパ島へショートトリップ。島と言っても橋で繋がってるので気軽に行き来できるのだ。タイパ島行きのバスはGリスボア近くの大きなバスターミナルから乗るのが分かり易そうなので、そこまでテクテク歩く。
次から次へとバスが入って来ては出て行くけれど島内循環バスばかり。15分ほど待ってようやく目当てのバスが来たのでそそくさと乗り込み、いざ出陣!
タイパ島は大まかに「タイパ」・「コタイ」・「コロアン」の3つの地区に分かれている。タイパはマカオ半島で働く&学ぶ人々のベッドタウン、コタイは大規模なカジノリゾート開発著しいエンターテイメント地区、コロアンはのどかで静かな漁村とビーチ、という具合。で、私達が目指しているのはのどかな漁村のコロアン村♪マカオ半島から30分くらいで到着。バスを降りた途端、どこからともなくイイ匂いが…(´д`*)匂いに釣られてクンクンしながら歩いて行った先にロードストーズ・ベーカリー発見!(匂いを頼りに…なんてマンガみたいだけど本当なのだ:笑)
マーガレットと並ぶマカオの2大タルトのもう1つがココ!焼き立てを店の前のベンチで頂きます♪………う、うまーーい!!(*`∀´*)b
私はマーガレットよりこっちのが好み。いや、マーガレットも美味しいケド、あえて選ぶならこっちというか…うーん、とにかく旨いんだよホント♪


タルトを食べたらコロアン村をのーんびり散策。スタートは村の端っこに位置する船着場。日曜日だからかな?桟橋も作業場らしき建物もひっそりと静まり返ってました。マカオ半島のギラギラ感からは想像もつかないほど穏やかでローカルな雰囲気が落ち着くわ〜♪教会の外観はマカオちっくな色合いだけど提灯や漢字が中国風、中に入るとこぢんまりと可愛らしい空色の天井。外の回廊には食堂が並ぶギャップがなかなか◎ とっても小さな村だけど歩き回るのが楽しくて何周したことか。(笑) そうする事でお昼ご飯も美
味しく食べられるしね。^^ …で、お腹空かせてやって来たのはロードストーズのカフェの方。もちろんカフェでもエッグタルトを食べれるけれど昼食なのでフツーにお料理を注文。大好きなソムタムとパイに包まれたグリーンカレー、オットはラザーニャを注文。
ソムタムはパパイヤがかなりシャキシャキで辛くて美味しかった☆ラザーニャとカレーもイイお味。でおカレーに入ってたチキンがちょっと硬かったのが残念。(^^; ボリュームは文句なし!3人で食べてちょうどいいくらいでした。(*´д`*)=3 お腹いっぱい〜!
食後はもう1度散歩をして、ワンコと戯れたり写真を撮ったり♪帰り際に再びエッグタルトをお持ち帰りで購入してバスでタイパへ移動です。

コロアンとタイパの間、コタイ地区でバスを降りてみた。ココは埋立地で現在は大規模開発が進められている場所。大型カジノホテルがすごい勢いで建設中、さっきまで居たコロアン村を思うとまるで別世界。マカオはカジノで成り立っているし、こういう施設が出来ることによって働き口も大量に確保される。(カジノディーラーは人気の職業で高待遇) …というのはよく分かってるんだけど、コロアンの素朴な村の状態は今のまま変わらないで欲しいなぁ…と思わずには居られない。旅に出ると必ず「新しいものと古いもののバランス」的なコトを思わされる。勝手な考えなんだけどね。^^;
巨大建造物を眺めながらタイパの旧市街に向かってテクテク。食べ物ストリートとして名高い官也街に到着。

狭い通りを2往復くらいしてみたけれど、食べたばかりなせいもありあまり食指が動かない。(笑)オヤツくらいなら…と、割と混んでる甘味屋さんに入ってセラデューラを試してみたけれどクッキーとクリームの比率が私的に残念賞。広場で催されていたフリマをサッと見るもガラクタ率が高く欲しいモノは無し。そろそろ場所を変えることにしよう!タイパ名物のピーナッツヌガー(←美味しかった)をお土産に買って移動〜♪

タイパでの1番の目的は大利来記珈琲で、15時から売り出されるポークチョップバーガーを食べる事!現在14時半、そろそろお店に…と思って行ったら既に大行列が出来ていた。(゜д゜)
私達も行列に加わり待つこと30分、時間になると列がゾロゾロ動き出した。回転が速いのが嬉しいなぁ♪並んでる真横ですでに食べてる人がいて、とっても美味しそ〜!しかも大きい♪
周りを観察してみるとほとんどの人がミルクティーを飲んでいる…きっと美味しいに違いないと思い、バーガー入手後にミルクティーを注文。これがまた濃いぃ〜く抽出されてて美味でしたわ。
またまた満たされてしまったので散歩です。大利来記の前はキレイに整備された店が並ぶ通り。(マカオ半島行きのバス乗り場も大利来記の前にある)でも1本内側へ入ると素朴な表情が隠れているのだ。^^ 猫と戯れたりしながらポークチョップを穏やかに消化します。(笑)

コロアン&タイパ散策も終わり、バスに乗ってマカオ半島へカムバック。もうあと少しでGリスボア前のバス停に到着するよ〜という所で事件は起こった。
交通量の多い大きな交差点に進入してた時の事、窓際に座ってた私はボ〜ッと外を見てたんだけど、隣を走る乗用車がやけに近い、とても近い。
オマケにお互いの車両が平行ならまだしも、なんとなく角度がついてるように見えるのは気のせいか?と考えてた矢先、ガリゴリゴリッッ☆という音が。
あ〜あ、やっちゃった。バスも乗用車もその場で立往生、交差点は後続車がどんどん進入してきて芋洗い状態に。ついにはどの車両も動けなくなっちゃった。すると誰がアナウンスするでもなく誘導するでもないけどバスの乗客
はゾロゾロと道路の真ん中で降車、それぞれの目的地へと散り散りになって行ったのであった…。文句を言う人もいなければ騒ぐ人もいなくて、なんてスマートなんだろう!とちょっと感心。でも終点が近かったからだよなきっと。(^^; とりあえず大事に至らなくてヨカッタわ。
テクテク歩いてウォーターフロントへ。ラスベガス系のホテルWynn(←注:クリックで音鳴ります)で噴水を眺めたり、超高級なトイレを拝借したり(笑)、しばしカジノ天国な雰囲気を堪能。その後、いつもの自分たちに戻って、庶民の味方スーパーマーケットでお買い物♪
お店でビールを注文すると青島ビールばかり出てくるのね。マカオビールってないのかー?て探してたらスーパーで発見。青島より割高なので1本だけ買って、エッグタルトつまみにホテルで一杯やってみた。でも大元はキリンらしい。(笑) マンゴー玉露は喉乾いた時に一気飲み
出来るほどサラリと薄味。ジメジメと暑いマカオでの水分&糖分補給にちょうどイイ感じ♪疑って買ってみたけど結構好きな味でした。^^

ビール飲んじゃったし、タルトもつまんじゃったから夕飯は軽いものにしよか♪てコトで、ガイドブックに載ってたお粥専門店にやって来た。
三元粥品専家さんのお粥は、味がしーーっかり溶け込んで閉じ込められててとっても美味。肉団子は大きめサイズが6個もゴロゴロ入ってるし、器もちょっと大きめだから1杯で十分満足。揚げパンは2カケくらいをお粥に浸して食べるのがスキ♪(いっぱい食べると少々クドイ^^;)

食べ終わるといつも通り徒歩でホテルに戻る。
途中、セナド広場近くのジューススタンドでタピオカミルクティーを買ったんだけど、コレがこの旅1番のタピオカミルクティーだった。(ような気がする:笑)
タピオカはほどよく大きくて、噛むと適度な弾力があって、ミルクティーは濃いめでヘンに甘すぎない。
マカオ、台湾、香港辺りは気軽に美味しいタピオカミルクティーが飲めるからイイなぁ…。日本で売ってるのは高いばっかで、粉っぽくて不味いの多いよ〜

本日の出費
バス(1日/2人):31.5パタカ ロードストーズベーカリー(タルト、ミルクティー、持ち帰り用):50パタカ ブランチ(ガーデンカフェ):144パタカ
官也街食べ歩き(楊支甘露、セラデューラ、コーヒー):77.7パタカ 遅い昼食(大利来記珈琲):27パタカ アイスセラデューラ:11パタカ
スーパーマーケット(ビール、ジュース、食品等):36.2パタカ 夕食(三元粥品専家):38パタカ タピオカミルクティー:8パタカ

合計:423.4パタカ (約5,504円)

≪PREV          NEXT≫