旅の相棒はいつもオット。別に不満があるわけじゃないけれど、たまには女同士の旅がしたーい!…と思っていたある日、お友達のsayaちゃんにこの願いが通じたのか、どちらともなく「いつか北海道に行きたいね♪」なんて話が浮上☆そしてそれは浮上しただけでなく、「北海道に住むお友達、カドリエちゃんに会いに行こう☆」という明確な旅の予定となり、気が付けば黄金週間が終わり、約束の朝になっていた。

2009年5月8日(金)
今回の旅の友、sayaちゃんと私は東京を挟んでまったくの反対方向に住んでいる。その為、旅の手配も空港までの交通手段も全て別々となる。羽田空港11時の待ち合わせに対し、少し余裕のある朝を迎えた私はオットの出勤を見送り義両親と共にTVを観ながら納豆ご飯を掻きこんでいた。するとボーっと観ていたTVからJRの事故ニュースが。「…朝っぱらに全線不通なんてハタめいわ…@※△☆$!!#!?
(゜д゜)…たたたたたたた、た・い・へ・ん・だーっっ!!復旧の見通しが全く立たない全線不通の電車というのは、まさにこれから私が空
港へ行くために乗ろうとしている路線だった。オマイガーーッッ!!そんなワケで余裕の朝は一瞬にしてドタバタ喜劇のような朝に変わってしまった。PCを立ち上げ、他の路線で行った場合の時間とか、車で行った場合の時間とか駐車場とか思いつく限りの交通手段を調べあげ、どの手段にも対応できるように急いで用意してギリギリの時間まで待ってJRに電話。すると…なんと復旧したそうだ。_| ̄|○ 結局予定してた時間に電車に乗ることが出来た。なんだったんだチクショーヽ(`д´)ノキィッ  (ま、それでも動いたとは言え、電車は遅れがちだったので早く支度が出来て良かったのかもしれない)
そんなトラブルに見舞われつつも11時に空港到着。まだ来てないsayaちゃんをMrs.Elizabeth Muffinで待つことにした。ほどなくしてsayaちゃん登場。時間に余裕があったので軽く腹ごしらえをしつつ、これから3日間の予定などを確認。お腹も満たされ出発ロビーへ移動し、チェックインを済ます。ココでマイレージの登録をしようと搭乗券を機械に入れたら詰まってしまった…なんかハプニング多いんですけど…?

ま、いろいろありつつも飛行機は無事に離陸。シートベルト着用のサインが消えると、早朝のお仕事をして来たsayaちゃんは睡眠モードへ。
私は機内誌の旅記事(写真が素敵だった♪)を読んだり、窓の外を眺めたり、コーヒー飲んだり。そういえば途中、トイレに行きたくなって、ドアを勢いよくあけたら中のオバちゃんと目が合ってしまって、思わず「ごめんなさいっっ」と謝ったり…。(ナゼ私が謝るんだ?鍵かけてよぅ^^;)
ホントに今日は朝から「結果的には無問題」な、どうでもいい?プチハプニングが多いなぁ。(苦笑)

定刻より10分ほど遅れて着陸。14時45分に市内行きのバスが出てたはずなのにもうすぐ
15時になる…次のバスになっちゃうねぇ〜と話してたら、係員曰く「飛行機の到着に合わせて運行してるのでまだ外で待ってますよ」との事。それは有難い☆急いで帯広駅前までの乗車券を買い(千円)バスに飛び乗った。
40分ほどで帯広駅前に到着。今朝家を出たときは雨だったけれどこっちはとってもいいお天気♪湿度が低くてちょっと空気がヒンヤリしてて気持ちがイイ。その場で「着いたぞ記念撮影」をして、目の前にそびえたつリッチモンドホテルにチェックイン。荷物を置いたらさっそく帯広名物の豚丼食べにレッツゴー!市内に数ある豚丼店から選んだのは元祖といわれているぱんちょう。(歩いてスグそこだったしね♪)
ヘンに半端な時間だったからか(16時半頃)お客さんは3組しかおらず、お目当ての品にはさほど待つことなくありつけて嬉しい限り☆豚丼は肉の量で値段が違うのだけど、ぱんちょうには松竹梅とあって、松が安くて梅が高い。(厳密には梅の上に華てのがあるけど)フツーは松が高いよね…?ちょっと気に
なったので帰宅後調べてみたら、この家のおばあちゃんが「ウメさん」という名だそうで。ご主人の粋なはからいというワケなんですね。^^
で、この後も食べ歩くことを考えて注文したのは1番小さい松サイズ。それでもかなりのボリューム☆お味は言うまでもなくかなり美味〜☆

お腹が満たされ、店を出たのは17時ちょい前くらい。なんだか体内時計が狂いそうな食スケジュールだけどまぁいっか。(笑)とりあえず食後の散歩を兼ねて街を練り歩いてみる事にします♪ホテルから程近い場所に六花亭(しかもココは本店だ!)を発見、そしてその隣にはROYCE'も!!
あぁ…なんて素晴らしい環境なんだろう♪豚丼の看板やノボリもあちこちに出てるし、そういや柳月も近くにあったっけ…(*´д`*)ウットリ。
六花亭でさっそくお茶したい衝動に駆られたけれど、もうちょっと歩いて豚丼を消化してから、というコトになり素通り。その先にある藤丸百貨店へ向かう。目的はsayaちゃんのお嬢さんに頼まれたHTBグッズの物色だ。
この小さな売り場で2人で盛り上がること数十分。(笑) 水曜どうでしょうが大好きな私も気付けばしっかりグッズを購入していた。(^^;

そんなこんなでお腹に多少の隙間が出来てきた気がする(早っっ!)ので六花亭へレッツゴー☆1階でお土産を物色してから…と思ったら2階の喫茶室は18時までだというコトに気が付き慌てて2階へ。sayaちゃんはクリームあんみつ、私はワッフルを注文。運ばれて来たワッフルは予想以上に大きくて見た瞬間思わず「デッカ!」と言ってしまった。(^^; メープルシロップかけて早速ひとくち…食感はすごーくふんわり軽い。大きいけれどこの軽さなら食べれちゃうな。でも私はもうちょっとザクっと感がある方が好み。sayaちゃんのクリームあんみつはアイスの部分だけちょいと味見をさせてもらった。
サッパリだけどしっかりなアイスクリーム、普通に美味しくて◎
1階でsayaちゃんが宅急便の手配をしてる間に私はこっそり買い食い。
お店でしか食べられない雪こんチーズを1つパクリ☆ビターなココアのビスケットにベイクドチーズケーキがサンドされて1コ100円。(注文してからその場でサンド)どんどん水分が出
ちゃうのでサックリまったり美味しい時間は制限付というワケ。これがまた美味しー☆「ザクッ&まったり濃厚」の組合せって大好きさー(^▽^)

すっかり暗くなった帯広の街をてくてく。さすがに日が沈むと一気に寒くなる(((><))) 日中は27度もあったのに今は1桁の気温!北の屋台でキューッと1杯やるのもいいかと思ったけれど、人気の店は既に立錐の余地もなく…かと言ってお客さんが誰も居ない店ってちょっとなぁ…(本当に客の入りの差が激しくてビックリ^^;)てコトでざっと雰囲気だけ見学して終了。夕飯はクチコミで割りと評判だったラーメンを食べに行く事にした…のが間違いだった(´д`|||おまいがーっ!このラーメンについては多くを語るつもりはナイ。ただもーひたすら口に合わなかったというだけです…ここまで食べれないラーメンは生まれて初めてだった。○| ̄|_ 旅先の貴重な1食をダメにしてしまってsayaちゃんには申し訳ない気持ちでいっぱい…(私が行ってみようと提案したのでね)そんな私にsayaちゃんは「こういう事もあるよー仕方ないさー!」と言ってくれました。なんだかこんな後味いやーヽ(;`д´)ノというワケで、口直し用に柳月でケーキを購入!sayaちゃんは胃がイマイチらしくデザートには食いつかない…あぅ、なんか心配だよぅ〜(・・。
その後コンビニで飲み物を買ってホテルへ戻り、明日早いこととsayaちゃんの胃が心配だったの
で早めに休もう、と提案して各自部屋へ。お風呂に入ってサッパリした後お茶をガーッと一気に飲み干し、一息ついてケーキを独り完食。
柳月で買ったこのケーキ、ファーストレディ洞爺と言って洞爺湖サミットで各国のファーストレディの皆様方が味わった逸品だそうです。「ファーストレディのような優雅な気分を味わえます」とありますがそれはどうかと思う。(笑)普通に濃厚で普通に美味しかったケド、そこまで言わんでもという気が。(^^; さて、食べる物も尽きたし(爆)ベッドに入ってTVでも観るかな〜と思ったら電話のベルが。出てみるとsayaちゃんで、「やっぱりせっかくだしもったいないししゃべくりナイトしよー」と言う嬉しいお誘い♪女同士話すことは尽きずアッという間に夜中になり、しゃべくりナイトもおひらきに。明日はいよいよカドリエちゃんと初対面☆ドキドキするなぁ〜眠れるかなぁ?…ねむ…zzz...


☆ リッチモンドホテル 帯広駅前 ☆
住所:〒080-0012 北海道帯広市西2条南11-17
電話:0155-20-2255 FAX:0155-20-2256
WEBサイト

JR帯広駅前(手のオブジェのまん前)に建つ、まだ新しいキレイなホテル。
豚丼で有名なぱんちょうまで徒歩1分、六花亭やROYCE'までは5分程度、藤丸百貨店までは10分程度、ローソンもスグそばにあって何かと便利。
泊まったのはシングルルームで、キレイなユニットバスに広い大きめのベッド。加湿器もあるのでホテル特有の乾燥も心配ナシ。持って行こうか悩みがちなドライヤー、パジャマ、スリッパ完備。シャンプーがリンスinじゃないのも有難い。他のアメニティも充実。冷蔵庫もあるので保冷剤を凍らせておく事も出来る。禁煙ルームがあるから臭いも気にならない。
朝食のビュッフェも種類が多くて美味しい。(トースターが置いてあるともっとヨカッタなー)

NEXT≫  いよいよカドリエちゃんとご対面!