皮膚科へ

だいぶ昔、紫外線なんてたいして気にもしない生活を送っていたツケが最近になって
どどーんと押し寄せてきた。
それは美肌の大敵、シミやそばかす。
もともと美意識なんてものはあんまり強い方ではなく、化粧品とかも必要最小限しか
持ってないし、近頃お嬢さん達が「アイメイクだけで30分はかかる」とか言ってるのが
理解できないんですけども、やっぱり一応オンナなので顔に出てきてしまった
「大きく、しかも出っ張ってイボや出来物のようになってしまったシミ」は、さすがに
すごーく気になる。てか、引っ掛けて切っちゃったりするコトも多々あり、実にデンジャラス。


てなワケで皮膚科へ行き、液体窒素でジュジューと焼いて(?)もらいました。
マイナス162度(だったかな?)の液体窒素に長ーい綿棒をちょいちょいと浸して
目当ての場所にちょんちょんと押しつけること数回。
人工的に火傷させてるようなもんなので、若干ピリピリと痛むけれど我慢できないほどじゃない。
施術後の見た目はなにも変わってなくて、「これでホントに取れんのか?」と思ったけれど
翌日には色が黒ずんできて、さらに3日後くらいには炭のように真っ黒に。
そしてもっと日が経つと瘡蓋になり、それがとれて元の皮膚が再生する、と言う仕組みらしい。
瘡蓋が取れた「跡」がどれだけ薄れて元の肌色に戻ってくれるんだろう?
きっと若ければ若いほど再生率が高いんだろなぁ・・・うぅ。(・・;
ま、イボがあるより肌が平らなだけ全然マシなんだけど人間は欲深い生き物だからねぇ。
頑張れアタシの顔の皮膚!

ちなみに保険適用&初診で、大きいの1ヶ所と小さいの3ヵ所とで4000円ちょっと。
早く瘡蓋がとれて新しい皮膚に会えるといーな。(´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。