A Thousand Words

C20120718.jpg
★★


台湾行きの飛行機内で鑑賞。
口先だけで人生を謳歌してきたサラリーマンのジャック(エディ・マーフィー)が
ある日突然「喋ったら死ぬ」状況に置かれながらも、大事なコトに気づいていく・・・てな感じのお話。
オー・ヘンリーの「最後の一葉」がもとネタなのかな?
でもコメディなので、小説ほど響くものとか特になく。(^^;
お決まりの展開とお決まりのオチで映画は終了。機内の時間潰しにちょうど良かった。
しかしエディーは「喋ってなんぼ」な気がするけど、それをさせないとはある意味斬新?