BABEL

C20100429.jpg
★★


うーん。なんかすごく後味悪い映画。(--;
旧約聖書に出てくるバベルとかけてるのかなんかしらんけど
この映画のテーマとか訴えたい事とか、何を描いたんだかよくわかんない。
分かり合えないヒトの心?親子や家族の絆?
とりあえず観ていて飽きちゃうことはなかったので見せ方は上手いのかなぁ?
その分ラストのガッカリ感が増すけどね。(爆)
アメリカとメキシコとモロッコと日本、遠く離れたそれぞれの場所で
いろんな葛藤が描かれてそれが実は1つに繋がってる・・・て設定なんだけど
日本のストーリーいらなくない?日本だけが全然リアルさが伝わってこない。
当時ずいぶんと演技が絶賛された菊池凛子だけどそんなにすごいのかなぁ?
そもそも全然女子高生に見えないし。(笑)
やたらと出てくるヌードシーンも意味わかんない。てか、不快感を覚えるほど。
最後で話が1つに繋がった時に「アメリカばかりが偽善者?被害者?イイ子ちゃん」
的な印象を強く受けたのも否めない。
暗に金持ちニッポンと低所得者と中東の難しいイロイロを非難してる気がする。
ついでにブラピの老けメイクも必要ないと思うケドなー。