魔法使いの弟子

C20110205.jpg
★★


「現代」を舞台にしたファンタジーは何かが足りないような気がする。
見たこともないようなワクワクする世界観・・・かな?
そこがファンタジーの醍醐味でもあるワケだし、やっぱりファンタジーには
ファンタジーらしい世界観が必要だと思う。
とは言ってもチャイナタウンでドラゴンが暴れるシーンはちょっと良かった♪
1トン以上の紙吹雪をばら撒いたとの事だけど、その効果は上手く非日常感を出してたかな。
しかし一方で、魔法の修行なんてほとんどしてないのに突然魔法が使えちゃって
ラスボス戦(笑)ではあっけなく勝利しちゃったりする辺りは如何なものかと。
バルサザールの恋人?の魂が無事開放され、バルサザール自身が生還を果たした
シーンでさえ、まったく感動の余地はナシ。展開があっけなさ過ぎるんだなきっと。(^^;