パッション

C20051003.jpg
★★


敬虔なクリスチャンなことで有名な、メル・ギブスンが手がけたキリストの映画。
皆が知ってるであろう、十字架を背負いゴルゴタの丘を登り、磔にされるまで…
を非常に克明に描いたものです。
私はクリスチャンではないので、こんな感想しか持てないけど、とにかく重たく残酷な映画。
この映画から読み取れる事、教えられる事はきっとたくさんあるんだろうけど、それに
気付く前に目を背けてしまった。
R指定は当然の事、製作公開の際にはローマ法王まで巻き込んでの一大騒動になったとか。
拷問のシーンは観るに絶えかねる描写がたくさんあるので注意が必要。