出産キロク②

20140524

いよいよ分娩突入。苦手な方はスルー推奨

21日(水/雨)6:30
パチン!という音(ホントにそう聞こえた)と共に下半身に生暖かい感覚が広がる。
こんなに修羅場でも「破水した」コトはすぐわかるから不思議だ・・・。
オットに「破水した!!助産師さん呼んで!!」と叫ぶと、走って呼びに行こうとしたので

そこは文明の利器、ナースコールだろーーっっ!!L(゚皿゚メ)」 と一喝。

助産師さん登場、着替えさせてもらう。その間にも陣痛の波は(Ry
一般的に破水をするとお産が進むらしく、私も例に漏れず子宮口ほぼ全開となったのでいよいよ分娩。
痛みが弱まり、次の波が来る前の約2分間で歩いて(←とても辛い。瀕死状態ぽい^^;)分娩室へ向かう。

結構高い位置にある分娩台へやっとの思いで這い上がった。
手に何か刺され(点滴の針?)、何やら機械に繋がれ(心電図みたいなの?)ついに!!
・・・と思いきや、なんだか周囲がバタバタしてて忙しない事この上ない。何?なんなのっっ??
「小児科の〇〇先生呼んで!!」「モニターどぉ?」「先生!下がってます!!」・・・・・

何事よっっ!!(゚Д゚||)

よく分からないけど、分娩台に上がったら医師や助産師さんが呼吸の仕方とか、いきむタイミングとか
アドバイスしてくれて、そこに居る者たち一丸となって(?)進めるんじゃないの?お産てのは!!
ひたすらバタバタしている落ち着きのない中で突然「いきんでみて!!」とか言われて
「え?え?いきむってどうやんの??ドコに力入れんのよ?つーか、立会希望なんだけどオットはー!?」

何か普通じゃない事態が起こってるというのは雰囲気で分かるんだけど、何事なのかは一切説明がない。
そもそも痛いし苦しいしアタシどうしたらいいのーー(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」!!??
すると医師から一言。(armyさん!今から帝王切開するから!!その方が安全だと思うの!!!」
「えええぇぇ!?ここまで頑張って来て今更帝王切開ですとーー!?」 しかし陣痛で声にはならない。
そしたら今度は助産師さんが「先生!頑張れば出そうですよ!!乗っちゃいましょう!!」
「そう?じゃ、押すから!armyさん頑張って!!」

さっぱり意味が分かんないんですけどーーー!!

と思う暇もなく医師が私に対してマウントポジションを取った。(←正しくは逆向きの馬乗り)
「はい、いきんでーー!!」
私はワケも分からずオット不在のまま、医師のお尻を見ながら渾身の力を込めていきむ。
それと同時にお腹をムギューーーーっと押し潰された(T△T) 痛い!痛い!痛いよーー!!(←心の声)
そして医師が私から降りて足元へ移動して行ってそこで一言・・・「切るからねー」

チョキン! という金属音が聞こえた。 ・・・が、痛くはない。
と言うより、もともといろんな痛みに襲われてるので今更痛み1つ増えたところで何も変わらん。
その後にもう1度いきむ。最初の2回よりかなり長めに頑張っていきんだ。

つるん♪

7:17
中の人この世に誕生!
出てきた瞬間はホントに「つるん」て感じだった。
出た・・・終わったんだ・・・

正直、感動よりも一仕事終えた疲労感でいっぱいだった。
ナゼ感動できなかったかと言うと、たった今産み落とした中の人が顔も見ないうちに連れ去られてしまったから。
私の顔に赤さん近付けて「ハイ♪元気な女の子ですよ~♪」ていうのがなかったの。

出産キロク③へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。