子連れ島旅@八重山諸島4日目

島旅4日目、竹富島で迎えた朝は薄曇り。
「腹が減った」とうるさいムスメを連れて西桟橋まで散歩に出ました。

image

桟橋の先端で大海原を見つめながら朝バナナする1歳児。

宿に戻って朝ごはんを食べていると、宿泊者の1人である若いお嬢さんが外を見て
「ひぃ、出てるーー!!!」と突然叫んだ。
私とその他何人かのお客さんは火事だと思って驚いて外を見たのだけど
彼女の言う「ひぃ」は「陽」である事がわかり一同爆笑。(^^;;

因みに宿泊客の半分は関西圏、半分は関東圏在住で、火事と勘違いしたのは
もちろん私を含めた関東圏在住者だったのでした。

image

ホントだ!陽が射してる♪
そうとくれば大急ぎでみんなお出かけ準備開始。
なんせ久しぶりの陽射し、これならムスメに海遊びさせてあげられる(≧∇≦)

image

ムスメを背負って(オットが)自転車に乗って急いでコンドイビーチへ。
念願の水遊び〜☆
せっかくなのでお日様が出てる間はずーっとビーチで遊ぶ事にしまして

image

お昼過ぎまで貴重な陽射しを堪能しました。
その後天気は薄曇りになってしまったので頃合いを見てビーチを撤収。
アイスキャンデーや昼ごはんを食べつつ、集落内をぶらぶらと散歩。

image

竹富島の変わらぬ風景が嬉しいな(^-^)

image

以前来た時にちょっとどうなのコレは…と思った水牛車の会社に関する
見栄えのよろしくない看板もすっかりなくなっていてホッとした。
上手く折り合いがついたのかな? そうだと良いけどね。

image

そして18時、宿のご飯。
私なんかが作るより全然バランスの良い品数豊富なムスメごはん。

今回の旅、実は予約を入れたのが7ヶ月も前で
ムスメの「食事情」がどんな感じになっているかイマイチ想像が付かなかったので
食事はご飯と汁物を少し頂いて、あとは私のおかずを取り分ければいいかな、と思い
宿主さんにもその旨を伝えてありました。
そして念のためレトルトの離乳食(ご飯にかけるおかずタイプのもの)も持参。

しかしその読みはスコーンと外れ、大人と同じ量、同じ物を
バクバクと食べる勢いの食欲魔人に成長したムスメ…(−_−;)
(歯も奥歯2本を除いて生え揃ってたし)

そんな状況だったので宿主さんがムスメご飯も急遽用意してくれて
本当に有難かったです。
ゆし豆腐やらモズクやら沖縄の食べ物沢山デビューしました♪

image

ごはんの後は今夜も楽しくゆんたく♪
ムスメも慣れてきたせいか調子に乗って「次は〜…チューリップ!」
などと言って三線リクエストしまくってました。(笑)
それに応えて弾いてくれるおとーさん素敵☆

ゆんたくが終わって外に出ると、工事現場に停めてあるユンボの座席に
猫さん達が座っててなんかちょっと面白くてパチリ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。