帰ってきたipod Classic

20120411.jpg

2週間ほど前に突然壊れてしまったipod Classic。
水没とか落としたとかじゃなく、久しぶりにitunesと同期したら何故かフリーズ!
何度試してもフリーズするので似たよな症状はないかとググった結果、5Rと呼ばれるものを
全て試してもダメなら入院、というコトが判明。
で、5R試したんだけどダメなので修理代はいくらなのかサポートに電話してみた。


結果、Classic第2世代の修理代は14800円、というあまり可愛くない返答をいただく。
うーん。
新しいclassicを買うとなると160GBで20900円。新しいnanoは16GBで12800円。
我が家の場合、Classicを家でステレオ代わりに使ってるのでnanoだとちょっと容量が
足りない気がしなくもない。(持出し用はShuffleで十分だし)
しかし曲自体はライブラリで別保存だから、いつでも簡単に入れ替えられる。
したがって別に16GBでもダイジョブっちゃ~ダイジョブなのかも。

これは・・・悩む!(゜Д゜)

ちょっと考えさせてくれ、てなワケで一旦サポートの電話を切り2週間考えた。
で、考えた結果やっぱり修理に出すことにした。
理由は「電源はフツーに入り、見た目全然使えそうなのに捨てるのは忍びない」てコトと
新しいClassicを買うよりかは安く、新しいnanoよりは断然大容量!てことかな。

そうと決まれば早速修理依頼。土曜に電話して月曜日に宅配業者が取りに来てくれた。
早く帰っておいで~♪と見送った2日後の本日の朝一、ほんとに早く帰ってきたわ。
往復の送料はApple持ちなので支払うのは修理代のみ。
現在、立派に復活を遂げ絶好調なClassicなのであります。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。