±0(プラスマイナスゼロ)の扇風機

夏も終わり朝晩肌寒くなってきたなぁ~、という今日この頃。
季節外れも甚だしいとは思うけれど扇風機を購入しました。(笑)

20121005a.jpg
±0 リビングファン

今まで使っていた扇風機をそろそろしまおうと、分解掃除していたのだけど
年月によって劣化したであろうプラ製のナットを強く締めすぎてネジ山をボロッと破壊。
本体に羽を取り付けることが出来なくなってしまったので新規購入に至った次第。
12~3年使ったからね。よく頑張ってくれたよ、お疲れさんです。


で、新しい扇風機。
我が家で2台目となるオサレ家電です。^^ (1台目は小さいながらもコレかな)
ブラックに見えるけどすごく濃いブラウンです。(が、実物もパッと見ブラックにしか見えない)

20121005b.jpg

ウリはなんといってもシンプルなデザイン。
余計なものは何一つくっついてない、計算されてそぎ落とされたスタイル。
うーん、ビューティフル☆ (拭き掃除も楽そう♪)

20121005c.jpg

ちょっと気になったのはボタンやランプの間に縦に走る、筋のようなライン。
キズ・・・というワケでもないみたい。
同じ商品をググって画像を見てみるとみんなうっすらこんなラインが見えるので
生産工程上についてしまう仕方のないモノなのかも?
ま、割れてるわけじゃないので気にしない方向でいきます。

機能は段階風量調節・首振り・オンタイマー・オフタイマーが付いて十分。
あえて難癖つけるなら、止まってる時に手動で首振りできない事と、ガードの取り外しが
とってもかたくてやり難いこと。 この2点くらいかな。

20121005d.jpg

そういえばリモコン付だった。
本体にセットしておく場所はないので別保管しなくちゃなりません。(ウチはココだな)
本体と同じ色じゃないのがなんか不思議。(別保管だからいいのか?)

試運転して動作OKだったので・・・さ、仕舞うかな。(ι´ω`)つ彡

※羽に貼ってある「指入れちゃダメ!」シールは、かなりの粘着力で裏表両方に付いてます。
(これって洗練デザイン台無しよね)
普通に剥がすと羽にベタベタが残ってしまうけど、ハンドクリームを擦り込みながら
ゆっくり剥がしたらキレイに剥がれました。
多少残ったベタベタにもクリーム塗ってぐるぐるなじませて拭き取ればあらキレイ☆
(剥がす時は慎重に!自己責任でね。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。